紙と電子版の書籍とは、データが消えるリスクに備えて、使い分けていくことが必要になりそうです。

書籍と言っても色々ある!
検索フォーム
最近の記事
書籍と言っても色々ある!

電子と紙の書籍をどう使い分けていくか

PAGETITLE
最近では、紙と電子版の書籍とか混在するようになりました。電子書籍を中心に購入している人ならば、おそらく、まず電子版で購入できるかどうかを確認してから、もし電子版になっていないのであれば、仕方ないので紙の方を購入する、という手順を踏むでしょう。紙の書籍に慣れ親しんでいるひとは、電子版には抵抗を感じていることも多く、紙にこだわるかもしれません。電子書籍は印紙代や人件費がかからない分、紙の書籍よりも割安で買うことが出来るのがメリットです。

その一方で、電子書籍はしょせんデータでしかありません。もしその電子書籍の会社が何らかの理由でサービスを止めてしまったら、購入した書籍を読むことができなくなってしまうというリスクも同時に孕んでいます。その点で言えば紙の書籍は優秀です。物があれば、それを紛失してしまわない限り、自分の手元にあり続けます。ですから、これからは一生持ち続けていたい本は紙、読んで吸収してしまいたい本は電子版で購入する、といった使い分けが必要になってきそうです。

【参考】

Copyright (C)2017書籍と言っても色々ある!.All rights reserved.