書籍というのは、人生をかけて得た知恵が一冊一冊に書かれており、世界の書籍は人類の大きな財産です。

書籍と言っても色々ある!
検索フォーム
最近の記事
書籍と言っても色々ある!

書籍がつなぐ人類の知恵

PAGETITLE
書籍というのは、その本の著者が人生の経験を積んでいく中で、これが大事なことだ、これが成功のコツだ、これが失敗の原因だ、こういうことを発見した、こんな世界があったらいいのに、というような人生をかけて得た経験と知恵が一冊一冊に書かれているものです。つまり、一冊一冊ができあがる前に、その人の人生という数十年の歴史が反映されているのです。仮に小説家が半年でその本を書き上げたとしても、その半年に至る前段階の人生経験がその作品に大きく影響を与えます。まさに人生が反映されたものが書籍なのです。

世界に全部で何冊の本があるのか想像もできませんが、世界中の書籍は人類の大きな財産だといえます。書籍のいいところは、その本を開くという行為自体が、その作者との会話の時間を取ることができる、つまり、一種のタイプマシンのようなものといえるかもしれません。本を読むことは、人類のすべての知恵にアクセスすることができるタイムスリップなのかもしれません。

Copyright (C)2017書籍と言っても色々ある!.All rights reserved.