電子書籍の台頭には、技術の進歩以外にも、書籍を取り巻く現状を変化させるために台頭してきたと言う側面もあります。

書籍と言っても色々ある!
検索フォーム
最近の記事
書籍と言っても色々ある!

電子書籍が台頭してきた理由について考える

PAGETITLE
書籍とは、一般的な本や漫画などのことを言います。雑誌は書籍に入らないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの書店では、書籍と雑誌は明確な違いを持って分けられています。特に、返品処理の際などには、書籍と雑誌を同じ箱に入れて返品すると、受け付けてもらえないと言うこともあります。

書籍の主流は、今も昔も紙のものです。しかし、ここ最近、台頭をあらわしてきているのが電子書籍と呼ばれる、情報端末内で読む書籍です。電子書籍の台頭は、単純に技術の進歩や、それにより、重たい本を持ち歩かずに読書を楽しみたいと言う人のニーズに応えられるようになった結果と言えますが、それだけではない理由も、そこには存在しています。たとえば、書店で発売されている書籍は基本的には返品自由です。ですから、売れなくなった書籍は、書店から問屋や出版社に返品されます。そうして返品された本は、問屋に保管される場合もありますが、時期を過ぎれば廃棄処理されてしまいます。

書籍の価格は、一般の商品と比較すると高いと言われています。物の価値、値段に対しての考え方は人それぞれですが、書籍価格が安くならないのには、売れる本であれ、売れない本であれ、たくさんの人の手間がかかっているためだという声もあります。そして返品され、廃棄されてしまった書籍は、結局は利益を生み出すことなく、むしろ手間賃を生み出してしまうということになっています。電子書籍は、こうした書籍を取り巻く現状を変化させるものとして台頭してきたという側面も持ち合わせています。費用をかけることなく、その人が読みたい本だけを揃える。そして、一冊当たりの単価もなるべく安くする。書籍につきものの返品、廃棄と言う概念もない。このような特徴を持った電子書籍は、今後も書籍を取り巻く環境に一石を投じ続けることと思われます。

Copyright (C)2017書籍と言っても色々ある!.All rights reserved.