書籍の買い方が変わってきたが、それでもやはり本屋に出向きそこで手に取った本を買いたいものである。

書籍と言っても色々ある!
検索フォーム
最近の記事
書籍と言っても色々ある!

書籍とデジタル化と本屋

PAGETITLE
書籍をインターネットで購入することが増えた。欲しい本を見つけるとインターネット上で書評を読み、面白そうならばそこで購入するのだ。支払いは専らカードである。そして依頼した本は早ければ翌日に手元に届く。便利になったものである。しかしながら、確かにネットで頼むのは便利であるが、本屋に行く楽しみというものは残しておきたい。ある作家が印刷物をすべてデジタル化したことが先日話題になっていたが、アナログの本屋の存在は残しておいてもらいたい。

何でもかんでもインターネットからダウンロードする時代になってしまえば、本の購入方法も変わっていくのだろう。本屋で本を購入することも減り、本をインターネットで購入することすなわち、デジタルデーターを購入することになるのかもしれない、便利である。しかしながらそこには、あの本屋の、新刊の匂いは皆無である。ためし読みはできても手に取ることはできない。本屋や図書館のように多くの本がある風景というのは、心を豊かにすると信じている。

【参考】

Copyright (C)2017書籍と言っても色々ある!.All rights reserved.