書籍の中の小説、さらにそのカテゴリーの中のファンタジー小説は老若男女さまざまな人をひきつけてやまないものです。

書籍と言っても色々ある!
検索フォーム
最近の記事
書籍と言っても色々ある!

書籍におけるファンタジー小説

PAGETITLE
書籍といえば小説です。中でも子どもから大人まで楽しめるジャンルといえばファンタジー小説があります。子ども向けのまさに絵本といったものから大人が読むにも耐えうる重厚でシビアなストーリーのものまで多種多様です。

子どものころ誰もがありもしない夢を見たことがあると思います。サンタクロースやドラゴン、空想の世界であると最近ではシビアな考えにすぐいたる子どもも多いと聞きます。しかしこうした幻想的な夢は人をひきつけて離しません。

非現実だ、と言い切ることもできます、しかしあったらいいと思うのも自由です。ファンタジーな世界というものはその世界の中に面白い法則があり、その中でさまざまのものが生きています。魔法には法則があり、万能でもなく、夢ばかりでもなく厳しい一面というのもあります。しかしそれでも空を飛ぶ龍は幻想的で、不可思議で面白い生き物達は人をひきつけます。すばらしい世界観に浸ることができるのです。子ども向けだ、などといわずにいろいろ読んでみることをおすすめします。

Copyright (C)2017書籍と言っても色々ある!.All rights reserved.