書籍の中でも小説が一番といっていいほどメジャーです。特にその中の恋愛小説というのはさまざまな楽しみがあります。

書籍と言っても色々ある!
検索フォーム
最近の記事
書籍と言っても色々ある!

書籍といえば小説である

PAGETITLE
書籍といえば真っ先に小説を思い浮かべる人が多いと思います。漫画というと軽すぎ、学術系だと固すぎる、そこで小説です。小説はさまざまなジャンルがあり、恋愛に感情移入する、キャラクターに憤る、作中で扱いの悪いキャラクターに少し同調する。まさに登場人物が生きていてその人間ドラマを見せられているような楽しみがあります。人間結婚はほとんどが一度で、誰もがドラマのような恋愛にあこがれますがどうしてもそれは難しいといわざるをえません。

そうした第二の人生を自分に当てはめて自己投影してみたり、理想の恋愛をイメージして楽しむことができるのです。自分ならこうする、と考えたり、この人たちがくっついた先の人生の行く末を考えるのもまた楽しいものです。

さらにはよくある恋敵に感情移入して考えてみるのもまた楽しいものです。楽しい恋愛ばかりではなく、そうした一種のつらい体験というのもなかなかよいものですし、作中で語られない今後や、心情を考えるのも楽しいものです。書籍は手軽に買えるひとつの世界です。自分で広げることが難しい世界をより豊かにさせてくれます。

Copyright (C)2017書籍と言っても色々ある!.All rights reserved.