インターネットでの電子書籍の保存の問題点と、一般の書籍の保存方法でのメリットなどのことを書いてみました。

書籍と言っても色々ある!
検索フォーム
最近の記事
書籍と言っても色々ある!

インターネットと電子書籍の保存

PAGETITLE
インターネットでは電子書籍が人気ですが、意外なことに電気書籍を購入するということは、その本を購入することではなく、読む権利を購入することだそうで、例えばその本を永久的に読むことはほぼ不可能ではないかという話題がありました。何故ならば海賊版の問題があるからです。電子書籍の場合には、その海賊版が出てきてしまうと、当然本が売れなくなりますので、海賊版対策が取られます。コピー出来ないようなシステムですが、それが閲覧だけできるという販売方法です。そうなるとコピーは出来ないのですから、海賊版もでないということになりますが、その代わりいつの間にか古い人気のない本はデータを削除されるということになるかもしれません。そうなるとこの世から消えるということになります。

電子書籍ではインターネットのクラウドなどの活用からも便利なシステムですが、書籍の保存という意味では問題も多く発生しているということになります。その点一版の書籍の場合は、絶版ということもありますが、一度購入した書籍を、自炊したりして保存することができるので、どちらを選ぶかは、その人次第ということになります。

【参考】

Copyright (C)2017書籍と言っても色々ある!.All rights reserved.